2022_0628

「蒔いた種刈る万事 アグリカルチャー」

2022_0517

目の前で「パチン!」と手を鳴らされ、呪詛がとけたような気持ち。諦念だとしてしばらくもったいぶっていたものは、実はただの遺恨だった。見誤っていた。傲慢になっていたと思う。

2022_0428

のぼるべき山の稜線が、日に日にくっきり見えてきた今月だった。

2021_1222

たとえ多数決に勝てなくとも、普遍性の底から鈍く光るものをつかまえることはできる、とわかったときは、本当にうれしかった。

2021_1218

自信というのは、勇気を出して自ら選び取るものなのではないか。

「自分を信じる」というのを、この歳で生まれてはじめて一生懸命やってみようかと思う。今まで、自分を疑うことばかり得手だったので。

2021_1216

小さなことをその言葉尻まで忘れず、いつまでも未練がましいのも、ボヤボヤしておかしなことに巻き込まれてしまう隙があるのも、「社会人」として、ながらく自分の中で忌まわしいことであった。

2021_1204

単著校了から今日で1年。

その時は、「《何者か》になる」など、資本主義がこの世のすべてをマネタイズするための常套句だ、わたしは「書き手」になんてならへんし書くために生きるなどまっぴらだ、と決め込んでいたが、刊行後、思いもしないほどの反響、お叱り、お褒めの言葉をいただくうちに考えが変わってきた。

この名前は「文筆家」にあげよう。具合がわるくなったら他の名前で生きたらいいのだし、本名は別にあるのだし。

「文筆家」として、自分に出来る限りのことをやっていこう。

そういう決心がついた1年だった。